閉じる
閉じる
閉じる
  1. 最強馬ディープインパクトとオルフェーヴルの全レースダイジェスト
  2. 2017年1月漫画コミック最新作|発売日・内容・ネタバレ動画
  3. モンハンストーリーズのアニメ最新話動画
  4. ワンピースのアニメ漫画最新話動画
  5. 政治芸能ニュース事件の記者会見動画
  6. 凶悪犯罪殺人事件まとめ動画
  7. 童謡こどものうたユーチューブ動画
  8. 三代目 j Soul brothersのMVやPV動画まとめ
  9. 銀魂の最新YOUTUBE無料動画
  10. 電車に飛び込み人身事故の衝撃ユーチューブ動画まとめ
閉じる

人気最新YOUTUBE無料動画

最強馬ディープインパクトとオルフェーヴルの全レースダイジェスト

最強馬と言えばディープインパクトとオルフェーヴルがまず上がるのではないでしょうか。他馬とはエンジンがちがっていました。
ディープインパクトは無敗のままクラシックへ突入。勝ち方が派手でまさにディープインパクト!種牡馬としてもジェンティルドンナ(年度代表馬、ジャパンC)、キズナ(日本ダービー)、ディープブリランテ(日本ダービー)、ミッキークイーン(オークス)、ハープスター(桜花賞)、ジョワドヴィーヴル(最優秀2歳牝馬、阪神ジュベナイルF)、ミッキーアイル(NHKマイルC)、リアルインパクト(安田記念)、トーセンラー(マイルCS)、アユサン(桜花賞)、マルセリーナ(桜花賞)、スピルバーグ(天皇賞秋)、ショウナンパンドラ(ジャパンC等)、エイシンヒカリ(イスパーン賞等)、リアルスティール(ドバイターフ)、ディーマジェスティ(皐月賞)、シンハライト(オークス)、マカヒキ(日本ダービー)を出し勢いは止まりません。懐かしの最強の走りをどうぞ。

オルフェーヴルはディープインパクト以来、史上7頭目の三冠馬で2012年と2013年の凱旋門賞で2年連続2着。凱旋門は池添で行ってほしかったと悔やまれる声も多いですが、やはり国内では阪神大賞典の2周目3コーナー。抑えきれずに先頭に立ったオルフェーヴルは、カーブを曲がり切れずに直進するという暴走が頭から離れません。外埒ギリギリの所まで逸走し始め、池添が手綱を急激に引っ張りズルズル後退。しかし、その直後、内側に他馬を見つけた本馬は再びハミをとって加速し第4コーナーで馬群に取り付き大外から一気の捲りを見せ2着まで追い上げた。

オルフェーヴル×スイープトウショウ
オルフェーヴル×ビワハイジ
オルフェーヴル×レーヴドスカー
このあたりには相当な大物誕生の予感がします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る